THCanvasView・iMedia Browser

先日公開した Kaku の「イメージマネージャ」のデザインですが、特に、画像の一覧に NSTableView をまんま使っていることで、表示領域を無駄にしており、我ながら「アレ」かな、とは思っています。

ただ、それを改善するには、いまの僕の知識から考えると、膨大な勉強時間が必要で、そのために公開を遅らせたくない、という判断でしたが、一方で、他の優秀な人が、便利なライブラリを公開してくれるんじゃないか という期待も、実はあったのです。

そして、ちょうど最近、そんな 画像一覧表示に使えそうなライブラリ を二つ見つけたので、ご紹介したいと思います。

まだ「使ってみたいな」と狙っている段階ですので、本当に紹介だけですが、悪しからず(おい)。実際に使うことになれば、また改めて記事を書くかもしれません。

THCanvasView

THCanvasView のデモアプリ「PhotoStacks」のスクリーンショット

ライセンス
修正 BSD(※英語の「BSD style」 の解釈に自信がない。「BSD 形式 」? それとも「BSD 」? ご使用の際は、念のため、ご自分で確認してみてください)
関連ページ
THCanvasView 1.0.1 and PhotoStacks Sample AppTheocacao

THCanvasView は、当初は「Finder 風のアイコンビュー」として紹介されていたのですが、ものの三日でアップデートされ、僕が求めていた 画像一覧用ビューとしても使える よ、ということをアピールしたデモアプリが新たに同伴されました。

「Finder 風」と言うだけあって、ドロップシャドウ付きのファイル名表示 や、ドラッグで項目を選択するときの表示アイコンの表示サイズの変更画像ファイルのプレビュー表示(これを使って、画像一覧風にできる)など、Finder の動作の多くが再現されています。

iMedia Browser

iMedia Browser のスクリーンショット

ライセンス
修正 BSD(※注意同上)
関連ページ
The Karelia iMedia Browser | Karelia Software

iMedia Browser は、MarsEdit のアバウト画面でクレジットされており、それで知ったのですが、当時もソースは公開されていたものの、取得するにはメールで連絡しなくてはならないようになっており、面倒なので敬遠していました。しかし、最近になって、Google Code による通常の公開に移ったようです。

iMedia Browser は、THCanvasView とはまったく別に、i アプリケーションのメディアブラウザを再現する という目的で作られており、自分のアプリに追加できるフレームワーク以外に、単体のフリーウェアとしても公開されています(これはこれで、i アプリケーションとの連携機能がないアプリを使っている人には便利かも)。ちなみに、日本語化されています

MarsEdit の画像挿入・アップロード支援機能は、これをカスタマイズして使っているものと思われます。

2 thoughts on “THCanvasView・iMedia Browser

  1. スキン対応ですか! うぅ僕の技術力…(涙)

    むしろ、より Mac ソフトらしい(?)デザインを目指していく方が、なんとかやれそうですし、課題であるような気もします。

  2. 画像の管理にもデザインが欲しいと思ってました。 ”THCanvasView”かっこいいですねー。

    思い切って、Kakuをスキン対応にしたらどうでしょう(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *