食べログはいい iPhone アプリではない

他の多くのアプリにも言える事なのですが…

僕も使った事がある(あれ、でもこれで調べて、実際にお店に行ったことはまだないな…汗)口コミグルメサイト 食べログ のアプリが リリース(App Store)されました。

この食べログに見られるような、

  • 優秀なウェブサービスと繋がっている
  • 携帯デバイスとしての強みを生かしている(今回の場合は、GPS による現在地検索)
  • 既存の携帯アプリでも実現可能な機能であっても、タッチインターフェースによってよりアクセスしやすくなっている

といった特徴は、いい iPhone アプリの条件の重要な1部だと考えていて、評判になるのも当然、という印象です。

が、最近、上に挙げたような条件がそろって、ただ「便利なウェブサービスの iPhone アプリ版ができた!」というだけで歓迎されているようなアプリを見かけて、少し危惧しています。

もしかしたら、いい評価をしている方も重々承知かもしれませんが、食べログで気になった点を書いてみたいと思います。これを認める、ということは、iPhone アプリ全体の要求基準を下げ、長期的にはユーザーに悪影響をもたらすと思います。

HIG に違反している。たぶん(おい。違反してなかったら教えてください)
  • 起動画面がロゴ → 既存の携帯アプリの発想。HIG にどう書かれているか知らないけど(おい)、iPhone OS や他のアプリと一体となったエクスペリエンスではなくて、全く違う別のモードに入る、という印象を与えますね。
  • タブバーのボタンを、機能の起動に使っている(「現在地検索」)→ タブバーは画面を切り替えるためのもの
  • 絞り込み条件の「決定」ボタン
マップ表示
  • なぜパフォーマンスが(とても)悪いまま出したのか
  • なぜズーム機能のコントロールを通常のボタンにしたのか(なぜ マップ.app と同じインターフェースにしなかったのか)

iPhone ユーザーは、アプリへの評価基準を上げよう

以前 N******* という伝説の(悪い意味で)アプリがあったのですが、そのアプリの AppStore のレビュー欄に「このアプリはプラットフォームにとってマイナス」というようなことが書かれていて、それを書いたユーザーさんの厳しさにびっくりする一方、的を射た意見とも言え、感心した覚えがあります。

N******* のように iPhone の標準コントロール(ナビゲーションバーやボタン)も見当たらない、というものならとても分かりやすいのですが、普通に標準コントロールを組み合わせて作ると、それなりのアプリのように見えてしまいます。 僕は N******* より、そういったアプリの方が、実は「プラットフォームにとってマイナス」になのではないか、と思います。

アプリの評価と言えば、海外のレビューサイト、AppVee の評価が非常に正直な印象で、気に入っています。僕の見た感じでは、いちばん多いのが星3つと星2つでしょうか。話題性があって人気があったものでも、すぐ使い物にならなくなる/飽きたら終わり、というアプリは、ことごとく星1を付けられています。

5 thoughts on “食べログはいい iPhone アプリではない

  1. applegreen さん、お返事を書こうと思っているのですが、アイデアがまとまりません。これが僕の文章力か…(涙)

    > 違反していたらアップルの審査を通らないのでは

    ただ、僕の文章の「違反」というのは、完全に言葉の選び間違いですね。すみません。「準拠」あたりが適切でしょうか。App Store の審査基準には、HIG への準拠は含まれていないと思います。

  2. 違反していたらアップルの審査を通らないのでは? AppStoreで出ているからアップルが認めたってことだと思いますが。

    でもおっしゃってることはわかります。iphoneアプリってそんなにすごいのってひとつもないですよね。食べログがいいアプリでないといってしまうと、いいアプリなんてひとつもないという悲しい状況です。だからみんな絶賛しているのでは。

  3. 丁寧な返信どうもありがとうございます。

    引用していただいた文章を読んで、あれ、そんな文章あったかなぁと思って見直してみたら、ローカルに保存していた古いHuman Interface Guidelineでした(汗。 50ページも増量していたんですね・・・。

    機能の切り替えを問題とされている訳ではなくて、機能の起動を問題とされていたんですね。 ちゃんと文章が読めなくてすみません。 でも納得できました。 どうもありがとうございます。

  4. milkcocoa さん、はじめまして。

    わざわざ Guideline を確認していただいて、ありがとうございます(ひどい筆者ですね 汗)。

    僕も読んでみたのですが、milkcocoa さんが引用された次の部分を読むと、Apple が TabBar に設定している役割が、よりはっきりしてくるような気がします:

    A tab bar gives users the ability to switch among different modes or views in an application … a tab bar should never be used as a toolbar, which contains buttons that act on elements in the current mode

    TabBar はモードやビューを切り替えるものであること、ツールバーボタンのように、現在のモードに含まれる要素に対してなんらかのアクションをする、というものには使ってはならない(食べログの場合、「マップ表示」ビューに現在地を表示するために、「現在地検索」ボタンが使われている)こと、といった感じのことが書かれていますね。

  5. はじめまして。

    今、iPhone Human Interface Guidelinesを見てみたところ、 TabBarに関しては

    If your application provides different perspectives on the same set of data, or different subtasks related to the overall function of the application, you might want to use a tab bar. と書いてあるので、この場合は後半のdifferent subtasks related to the overall function of the applicationに該当するのではないでしょうか?

    その他については自分にはわからないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *