Xcode 3.2 でテキストマクロを入力できなくなったら

Xcode では、「編集」→「テキストマクロを挿入」メニューから、あるいは、定義された短縮キーワードを入力した後オートコンプリートさせることによって、テキストマクロを入力することができます。例えば「init」なら init メソッドの定義、とか:

XcodeScreenSnapz012

テキストマクロの内容は、/Developer/Applications/Xcode.app/Contents/PlugIns/TextMacros.xctxtmacro/Contents/Resources/ 以下の *.xctextmacroファイルで定義されており、私はこれを改造して使っていました。

どマイナーな機能だと思うので、ここまでで「それ何の話?」 という方もいらっしゃるかもしれませんが、その説明はまたの機会として(おい)、Xcode 3.2 にしてから前述の短縮キーワードによる入力ができなくなり、とてもしんどいので調べてみました。

Continue reading

Evernote for iPhone hack 再び

Saved Search の削除

以前、Saved Search の検索キーワードにダミーのキーワードを設定することによって、Note を Notebook 単位で見やすくする方法を 書き ましたが、この方法の問題点の1つとして、作成した Saved Search を削除できない というものがありました。

現状、Evernote for iPhone の「Saved Searches」画面 の項目の上でスワイプしても、他のアプリのような削除ボタンは現れません。

これはどうすればいいのかというと、Mac 版のクライアントソフトで削除することができます。クライアントソフトの各機能をちゃんと活用してる人には、今さら何だ、という話かもしれませんが 汗(以前の記事参照)

iPhone 上で Saved Search に変な名前を付けちゃったときにどうぞ。

Continue reading

Evernote for iPhone で、Notebook を(ちょっと)見やすくするコツ

ここに書こうと思いつつ、いまだに書けていないのですが、iPhone を購入する前、「スクリーンショットと、AppStore・ウェブサイトの説明のみで 、1日1本 iPhone アプリをレビューする」という(無謀な)活動をしていました。

そのとき高評価(及第点?)をつけたアプリの中には、実際に使ってみて、「思った通りよくできてるな」と感じるものもあれば、「もうちょっとよくできてると思ったのにな」と感じたものもあったのですが、その1つが Evernote for iPhone でした。

僕の Evernote の(今のところの)使い方としては、目的ごとに Notebook を用意して、ひたすら書き込む、というもの(だから、Web クリップ機能とか、タグ機能とかは、あまり活用していません…汗)なのですが、Evernote for iPhone では、すべての Notes が一緒に表示されるのが基本で、Notebook 別に Notes を見るには、

  1. 検索条件設定画面を出して、
  2. Notebook の選択画面を出して、
  3. Notebook を選択して、
  4. 検索条件設定画面に戻って、
  5. Notes 一覧に戻る

と、5タップ必要になります。

Continue reading