フィードのスタイルを調整する WordPress プラグイン「Feed Styler」

僕が使っている Textile 記法では、<img class="left" src="imageurl"/> (左フロート)のようにして画像をフロートさせることができ、気軽に使ってしまうのですが、これだとフィード上では、(インライン指定に変換されている)フロート設定だけが維持され、画像と文字のあいだに隙間がなく、見づらい表示になってしまいます。

そこで、フィード上でも見やすくするには、マージン等も含めてインライン指定するしかないのかな…と思っていたところ、またこれを解決するプラグインが現れました。それが「 Feed Styler 」です。

使い方は簡単で、いつもどおりにプラグインをインストールしたあと、Options → Feed Styler のテキストエリアに、スタイル指定を入力するだけです。

ただフィードには、ウェブページのように直接スタイルシートを埋め込めるわけではないので、入力されたスタイル指定を、プラグインが解釈・変換することで、これを実現しているようです。そこで、いくつか注意点があるようなので、メモしておきます。

  • a:hover { property } といった疑似クラスは使えない。
  • すべてのプロパティ指定をセミコロン ; で終えること。省略する人はご注意。
  • p, #id, .class { property } のような複数指定はできない。一行ずつに分けて指定する。
  • …というか、スタイル指定は1行で書くこと。ただし一応、複数行にわたる指定を1行にまとめるエラー処理は行っている。
  • フィードの仕様により、使えるプロパティが 限られている
  • もとの HTML・入力したスタイル指定が valid であること。valid でないスタイル指定は消去されるので、不安ならバックアップをとっておくこと。

最後に、前述の 紹介ページ でも話されていますが、そもそも僕のように、インラインでスタイル指定するのも、このプラグインでスタイル指定するのも、それほどよろしいことではないので、良識の範囲で使いましょう。このプラグインの潜在能力は高いですが、フィードがすごいデザインになったら、誰もウェブサイトまで来なくなるかも…(笑)

てか、この記事が最初のテストになるんですが、うまくいくかな? なんか失敗しそうな予感。

WordPress プラグイン「Ultimate Google Analytics」

もひとついってみましょう。これは、昨日 “ご紹介”:http://ppmweb.lolipop.jp/?p=104 した「 “Slugger+”:http://justinblanton.com/projects/sluggerplus/ 」よりも興味を持たれる方の間口が広いと思います(!)。Wilfred van der Deijl 氏( “ブログ”:http://www.oratransplant.nl/ )による「 “Ultimate Google Analytics”:http://www.oratransplant.nl/uga/ 」プラグインです。

どんなプラグインかと言うと、その名の通り、「 最強の Google Analytics トラッキングコード埋め込みプラグイン 」です。ダウンロードは、以下の紹介ページからどうぞ。

p=. “OraTransplant » Ultimate Google Analytics plugin for WordPress”:http://www.oratransplant.nl/uga/

Continue reading