MarsEdit 2 も、もうすぐ。

ちょっと前に書こうとして、結局書いていなかったのですが、Mac 向けブログエディタとしてはもうひとつ(もう片方に関しては こちら )、忘れてはいけない MarsEdit も、実はメジャーアップデートを控えていて、以前から開発中の画面が いく か、開発者さんのブログ にアップされていました。

今日また、スクリーンショットとともに(「早く新バージョンを届けたい!」という興奮にあふれた 笑)新しい記事 がアップされており、それによると「これが最後のティーザーになる」つまり、新バージョンの登場はかなり近そうです(コメント欄では「 Leopard の前に出るよ」とも言っています)。

新機能をまとめてみると、

  • Flickr アカウントとの連携(キーボードから手を離さずに、写真へのリンクを記事に挿入できる)
  • カテゴリーの追加、スラッグの設定に対応(つまり、WordPress API の一部に対応)
  • 強力なテキストマクロ(記事を HTML で書く方には重要でしょう)
  • モダンなルック&フィール(ツールバーアイコンもリニューアル)
  • メニュー項目の配置や、コンテキストメニューの設定といった、細かい部分の改善

となっています。

Continue reading

MarsEdit が Red Sweater Software に買収される

「Mac 用のブログクライアントソフトの代表」といえば、「 ecto 」と「MarsEdit」が挙げられると思いますが、ecto の作者さんは本業が忙しくなり、MarsEdit の作者さんは、もう一つの作品である RSS リーダー「 NetNewsWire 」の開発に時間を取られ、それぞれ最近は大きなアップデートが行われない、という、Mac ユーザーとしては寂しい状況が続いてきました。

しかし先日(結構前ですが 汗)、 MarsEdit が Red Sweater Software に買収された 、ということで、この状況が少し変わってきそうな予感です。

ecto と比べたときの MarsEdit のよさは、Mac ソフトらしい(ecto はちょっとクセあり)・シンプルで分かりやすいインターフェース・安定している、といった点が挙げられると思いますが、一方で、画像投稿機能や、iTunes や Amazon との連携など、単純なブログクライアントの領域を超えた、プラスアルファの面ではまだ劣っている感があります。

しかし今回、開発者さんが一人しっかり付くことで、その面も含め、改善のスピードがかなり上がりそうです。

MarsEdit の今後がどうなるのかもっと詳しく知りたい方は、原作者 Brent Simmons 氏と新しい開発者 Daniel Jalkut 氏による Q&A セッション をぜひ。以下はそれを読んだ感想をちょっとだけ。

Continue reading