ecto 3 ベータ版に日本語リソースが追加

昨日アップデートしたら、中国語・日本語・韓国語のリソースが追加されていました。

UI が日本語化されていないので敬遠されていた方は、この機会に いかが でしょう。

…って、久々に ecto のサイトを覗いたら、ecto news が更新されてる! 絶対 RSS リーダーに登録してあるはずなのに、入ってなかった!

僕が Kaku の日付指定機能に関していろいろ不具合のご報告を受けることになる数日前に、ちょうど XML-RPC の日付 について書かれているし…後で読もう。

ecto 3 Alpha ついに登場

ついに、実際に触れることのできる、アルファ・バージョンが 登場 (ダウンロードリンクは、記事の中ごろ)したようです。ecto 2 とはデータの保存場所が異なるので、共存させて試すことは可能ですが、アルファ版ということで、試用の際には十分ご注意を。正直まだ、細かい所をいじろうとすると、がんがんクラッシュします。

まずは、ecto 2 とはがらりと変わったアイコンがカワイイですね。頭の中にある考えや、Mac の中にある写真や音楽をぜんぶ広げて記事をつくっていく というイメージでしょうか。

起動してみると、以前開発者さん自身も「外観は ecto 2 から大きく変わったようには見えないだろう」おっしゃっていた通り、ecto 2 ユーザーとしては、割と見慣れた感じの画面です(コードは1からすべて書き直されているんですけどね)。

UI で特に変わったのは、トラックバック先の指定や日付調整のインターフェースが、アニメーション付きのド派手なものになったこと(!)と、サイドバーからカテゴリーを選択できるだけでなく、(恐らく Movable Type 4 のブログで)タグの追加も行えるように なったことでしょうか。これは、Movable Type のタグ機能を活用できないために ecto の使用を躊躇していた方には(僕の発想は逆で、ecto などのブログエディタから使えない機能は使いたくない、です)、少し朗報でしょう。

また、リッチテキスト編集モード( ≒ WYSIWYG編集モード。テキストエディット.app で文書を作る感覚でできる)もブラッシュアップされていますが、そこから HTML 編集モードに切り替えた時の動作など、どうやったら自分の望み通りのかたちで記事が書けるのか、(当たり前ですが)現時点では、まだちょっと混乱してしまう部分があるな、と個人的には思いました。

そして、以前の記事 でも注目していた プラグイン機能 ですが、さっそくアプリケーションパッケージを開いてみると:

テキストフィルタや各ブログシステムへの対応から、Amazon リンク挿入機能に至るまで、これまでほぼハードコーディングされていたであろう多くの機能が、プラグインに置き換わっていることが分かります。プラグインの作成方法はいずれ公開されるようなので、僕も何かアイデアが浮かべば、作ってみたいです。

最初に挙げた作者さんによる 記事 を見てみても、ecto 3 はまだまだその全貌を表していない、という感じですが、可能な方はアルファ版を試しつつ、期待して待ちましょう。

[via TUAW]

ecto 3 の開発中のスクリーンショットが公開

僕が読ませていただいているブログなどではあまり触れられていませんが(まあ完成したわけじゃないし)、恐らく初めて、ecto 3 の全体的なスクリーンショットが 公開 されました。

外観は、デザイナー Mike Rohde 氏によるツールバーアイコン以外は(アプリケーションアイコンもリニューアルされたけど、これはまた、のちほど公開される、とのこと)、劇的と言えるほどの変化はないようですが、中身はこれまでとまったく違う、と書かれています。

その中身の変化のひとつに、プラグインベースの構成になった ということがあるようです。具体的には、ブログシステムごとの通信部分 と、記事作成支援機能(Amazon へのリンクを挿入、など)の部分とが、プラグインベースに置き換わるようです。プラグインの作成が簡単にできるようになっていれば、これは面白いかもしれません。

開発の進み具合は、コアの部分は終わって、今は上記のプラグインの開発などにあたっているようです。…楽しみです。

[via TUAW]