CSSEdit 2.5

先日、天才的 CSS エディタ「CSSEdit」の最新版、バージョン 2.5 が登場しましたので、速報!とまではいかなかったものの、さっそく新機能をチェックしてみたいと思います。CSSEdit 2 にも 感動 させられましたが、今回はその、わずかなスキがさらに埋められた印象です。(CSSEdit 公式サイト

Continue reading

Notes: CSSEdit で日本語を入力できない

以前、CSSEdit絶賛 しましたが、唯一の弱点と言えるのが、日本語(多言語)への対応です。

まず、エンコーディングメニューが装備されていないので、(恐らく)UTF-8 以外のエンコーディングでスタイルシートを作らなくてはならないときは、追加の処理が必要な場合もあるかもしれません。また、それ以前の問題として、初期設定のまま使っていると、日本語が入力できません(入力しても表示されません)。今回は、この問題について書きたいと思います。

…というほど難しい問題ではないのですが、こうならないように、

Preferences > Source Editing > Editing > Select… で日本語フォントを選択しておく

ようにしてください。

システム標準のテキストフィールドを使っていれば、英語フォントに設定していても、日本語は日本語フォントで表示されるはずですが、ものすごい予測候補表示やシンタックスカラーリングのために改造してあるのでしょう。たぶん。

CSSEdit – The Final CSS Editor

 少し前に私は、ソーシャルブックマークサービス「del.icio.us」をデスクトップからアクセスする環境があまり充実していないことに不満を持ち、自前のクライアントの開発を開始したものの、「WebnoteHappy」という、まさに私が欲しかった機能をそのまま実現したようなソフトに出会い、自分で開発する必要がなくなったというお話を書きました

 そう、私は、能力に限りがあるのにもかかわらず、「この機能がないなんてありえねえ」と思うと、すぐさま自分で作り始めてしまいます。そして、確かに求めていた機能は実現するのですが、それ以外の全ての機能がダウングレードしている、というのが私の作ったソフトに共通するスタイル(!)のような気がします。まあ、個人的にはそれでも構わない(他のソフトと併用すればよいし)のですが、他の誰かがうまく実現してくれていれば、それほど有難いことはありません。

 del.icio.us をデスクトップからスマートに使うこと以外に、私が求めていた機能として、「脱線」という記事に書いた「オンラインのページのスタイルシートを直接編集する」という機能がありました。そしてそれを実現してくれたのが、前置きが長くなりましたが、「CSSEdit」 というソフトです。

CSSEdit のアイコン このソフト、知ってる人なら知ってますよね? 実際私も、旧バージョンを入れてありました(本来とは違う使い方で使うためですが)。しかし凄いのは、今回のメジャーアップデートなんです。私の欲しかった機能が搭載されただけではありません。素晴らしいのです。

 では、その CSSEdit の、見逃せない機能を紹介していきたいと思います。

Continue reading