WordPress 2.3:ブログエディタからのタグの指定

WordPress 2.3 が リリース されましたね。

バージョン 2.3 の目玉機能といえば タグのサポート ですが、これをブログエディタからどうやって指定するかというと、MarsEdit の Daniel Jalkut 氏が 書いて いるように、「キーワード」フィールド に、カンマ区切り で入力するだけ。僕もベータ版の xmlrpc.php を逐一チェックしていたので、確認済みでした。

「 タグ = キーワード 」ではないので(結構近いけど)、ちょっと妙な気もしますが、新たな API を作ってブログエディタの対応を待つよりも、もともと WordPress では(デフォルトでは?)使えなかったフィールドを利用する、という現実的な選択。

「キーワード編集フィールドを、比較的ゆるい条件で表示しているブログエディタ」なら、すぐにタグを使えるはずです。( ecto 3 …! プラグインだからすぐ対応できるはず。たぶん。)

WordPress 2.3 のタグ機能、このサイトでも速攻で使ってみたいんですが、過去の記事をタグで分類したらどのような作用が起きるのか、まだよくわからないので、実験してみなくては。

MarsEdit 2 も、もうすぐ。

ちょっと前に書こうとして、結局書いていなかったのですが、Mac 向けブログエディタとしてはもうひとつ(もう片方に関しては こちら )、忘れてはいけない MarsEdit も、実はメジャーアップデートを控えていて、以前から開発中の画面が いく か、開発者さんのブログ にアップされていました。

今日また、スクリーンショットとともに(「早く新バージョンを届けたい!」という興奮にあふれた 笑)新しい記事 がアップされており、それによると「これが最後のティーザーになる」つまり、新バージョンの登場はかなり近そうです(コメント欄では「 Leopard の前に出るよ」とも言っています)。

新機能をまとめてみると、

  • Flickr アカウントとの連携(キーボードから手を離さずに、写真へのリンクを記事に挿入できる)
  • カテゴリーの追加、スラッグの設定に対応(つまり、WordPress API の一部に対応)
  • 強力なテキストマクロ(記事を HTML で書く方には重要でしょう)
  • モダンなルック&フィール(ツールバーアイコンもリニューアル)
  • メニュー項目の配置や、コンテキストメニューの設定といった、細かい部分の改善

となっています。

Continue reading “MarsEdit 2 も、もうすぐ。”

ecto 3 Alpha ついに登場

ついに、実際に触れることのできる、アルファ・バージョンが 登場 (ダウンロードリンクは、記事の中ごろ)したようです。ecto 2 とはデータの保存場所が異なるので、共存させて試すことは可能ですが、アルファ版ということで、試用の際には十分ご注意を。正直まだ、細かい所をいじろうとすると、がんがんクラッシュします。

まずは、ecto 2 とはがらりと変わったアイコンがカワイイですね。頭の中にある考えや、Mac の中にある写真や音楽をぜんぶ広げて記事をつくっていく というイメージでしょうか。

起動してみると、以前開発者さん自身も「外観は ecto 2 から大きく変わったようには見えないだろう」おっしゃっていた通り、ecto 2 ユーザーとしては、割と見慣れた感じの画面です(コードは1からすべて書き直されているんですけどね)。

UI で特に変わったのは、トラックバック先の指定や日付調整のインターフェースが、アニメーション付きのド派手なものになったこと(!)と、サイドバーからカテゴリーを選択できるだけでなく、(恐らく Movable Type 4 のブログで)タグの追加も行えるように なったことでしょうか。これは、Movable Type のタグ機能を活用できないために ecto の使用を躊躇していた方には(僕の発想は逆で、ecto などのブログエディタから使えない機能は使いたくない、です)、少し朗報でしょう。

また、リッチテキスト編集モード( ≒ WYSIWYG編集モード。テキストエディット.app で文書を作る感覚でできる)もブラッシュアップされていますが、そこから HTML 編集モードに切り替えた時の動作など、どうやったら自分の望み通りのかたちで記事が書けるのか、(当たり前ですが)現時点では、まだちょっと混乱してしまう部分があるな、と個人的には思いました。

そして、以前の記事 でも注目していた プラグイン機能 ですが、さっそくアプリケーションパッケージを開いてみると:

テキストフィルタや各ブログシステムへの対応から、Amazon リンク挿入機能に至るまで、これまでほぼハードコーディングされていたであろう多くの機能が、プラグインに置き換わっていることが分かります。プラグインの作成方法はいずれ公開されるようなので、僕も何かアイデアが浮かべば、作ってみたいです。

最初に挙げた作者さんによる 記事 を見てみても、ecto 3 はまだまだその全貌を表していない、という感じですが、可能な方はアルファ版を試しつつ、期待して待ちましょう。

[via TUAW]