Macworld 2007

Macworld 関連の情報を読み始めると半日は潰してしまいそうなので自主規制している(笑)のですが、どうやらすごいことになっているようですね。

まだ iPhone の情報をちょっと見たぐらいなのですが、Apple はまた、世界中どこを探してもなかったようなものを作り上げたんだな、という感じですね。

これで何ができるか、ということよりまず、画面の美しさに見とれてしまいます。こんなにフォントのアンチエイリアスや画面エフェクトを多用しまくっている(engadget の記事 でちょっとだけ見た)携帯端末はなかなかないでしょう。

また、そうそうたるネット企業たちが iPhone のサポートに名を連ねています。これは(私や、たぶん一部の人が望んでいる)「携帯インターネット」ではなく、「ふつうのインターネット」を携帯でする、ということを現実にしてくれるものだと思いますが、もうちょっと iPhone の情報を読んで、iPhone の登場によって、具体的にどんな変化が起きるのか、ちょっと考えてみたいと思います。

しかし悲しいのは、これが日本ではすぐ手に入らない、ということ。「アメリカではまだ 2G で通用するんだ 笑」と笑ってやるべきか、「なんで日本は(無駄に)浮いてるんだろう」と泣くべきか。たぶん後者。