Scriptable Core Data フレームワーク

cocoa-dev は流れが速くて、とても全てを追いきれないのですが、今日たまたまチェックしてみたら、まだプロトタイプ段階で、ソースの公開は Leopard の発売直後になるようですが、面白そうなフレームワークの開発がアナウンスされていました。

Scriptable Core Data (SCD) Framework launched on SourceForge

Hello, all — We have initiated an open-source project on SourceForge with the UNIX name “scriptcoredata”: https://scriptcoredata.svn.sourceforge.net/svnroot/scriptcoredata/

僕の理解では、Core Data Document-based Application のコードにちょっと手を加えるだけで、自動(半自動?)的に AppleScript 用語辞書を生成してくれる フレームワークのようです。

リンク先にアップされている発表資料の動画では、Core Data のサンプルアプリ「OutlineEdit」をスクリプタブルにして、AppleScript で項目を追加するデモなどが見られます。

個人的には、「用語辞書が生成されるタイミングによっては、AppleScript Studio でも使える?」という、非常に狭い範囲の期待をしてしまいますが、開発が順調に進めば、自分の Core Data アプリに AppleScript サポートを追加したい開発者や、そのアプリのユーザーにとっては、朗報となるかもしれません。

プロジェクト参加者絶賛募集中 のようなので、腕に覚えのある方はぜひ。僕も、自分の技術力が及ぶなら(及ばない?)、バグレポートぐらいはしなくては、と思ってはいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *