MarsEdit が Red Sweater Software に買収される

「Mac 用のブログクライアントソフトの代表」といえば、「 ecto 」と「MarsEdit」が挙げられると思いますが、ecto の作者さんは本業が忙しくなり、MarsEdit の作者さんは、もう一つの作品である RSS リーダー「 NetNewsWire 」の開発に時間を取られ、それぞれ最近は大きなアップデートが行われない、という、Mac ユーザーとしては寂しい状況が続いてきました。

しかし先日(結構前ですが 汗)、 MarsEdit が Red Sweater Software に買収された 、ということで、この状況が少し変わってきそうな予感です。

ecto と比べたときの MarsEdit のよさは、Mac ソフトらしい(ecto はちょっとクセあり)・シンプルで分かりやすいインターフェース・安定している、といった点が挙げられると思いますが、一方で、画像投稿機能や、iTunes や Amazon との連携など、単純なブログクライアントの領域を超えた、プラスアルファの面ではまだ劣っている感があります。

しかし今回、開発者さんが一人しっかり付くことで、その面も含め、改善のスピードがかなり上がりそうです。

MarsEdit の今後がどうなるのかもっと詳しく知りたい方は、原作者 Brent Simmons 氏と新しい開発者 Daniel Jalkut 氏による Q&A セッション をぜひ。以下はそれを読んだ感想をちょっとだけ。

* MarsEdit は、特に WordPress ユーザーに支持されているらしい…どういうことだろう? * この部分がちょっと好き:

Q. 名前は何か他のものに変えますか?

Brent:「ウソだろ? 赤い惑星、赤いセーター! この製品は僕のためにあるようなものだよ。MarsEdit の名前は多くのユーザーに安心と信頼をもたらすものだし、僕もそれを守って、強化していきたいと思ってる。それに、アイコンがうちのウェブサイトにとてもマッチするんだ!
Daniel:「…だけじゃなく、この見方は Cocoa ギーク向けのものになるけど、Ranchero Software(MarsEdit のもともとの会社)と Red Sweater の コードに付けるイニシャルはどっちも「RS」でしょ? だからコードがぴったり合う。どのクラスも修正する必要がないんだ。

One thought on “MarsEdit が Red Sweater Software に買収される

  1. Pingback: Mac用ブログエディタ「MarsEdit」が使いやすい

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *