Kaku 進捗

Kaku のリンクタグ挿入機能、当初は「画像挿入機能よりも簡単にできるだろう」なんて言っていましたが、よくよく考えれば、リンクするページを拾ってくるところ:

  • ドラッグ&ドロップで登録
  • クリップボードにあるURLを認識
  • ブラウザで開いているページの URLを認識

や、リンクタグの挿入方法:

  • ドラッグ&ドラップ
  • キーボードショートカット
  • コンテキストメニュー

などなど、工夫できそうな部分が多く、まったく先が見えません。「次のバージョンに、具体的に、どこまでのアイデアを盛り込むか」また「そもそもそんな技術力があるのか」をちゃんと考えないといけないかもしれません(当たり前か)。

今回はまず、UI をフローティングパレット形式から シート形式 に変更してみました。

Kaku はシングルウィンドウのシンプルさが身上、のつもりですが、これ以上ウィンドウを増やすと画面がうるさくなってしまう気がしたのと、実際、僕が使っている17インチぐらいのディスプレイだと、メインウィンドウや他のアプリのウィンドウと重ならないよう、ちまちま動かすことが多くなるので、ストレスが溜まる、というのが理由です(でもこれは、どちらにするか最後まで悩みそうな気がする…)。

そして、リンクタグを気軽に挿入できること以上に重要だと思っている、「コレクション」機能 が、なんとか稼働し始めました。今のところ、最近挿入したリンク・自分が書いた記事へのリンク・ページへのリンクを、すぐに利用できるようになっています。

以前、Windows Live Writer を絶賛した 記事 の中で、「Kaku(のリンク挿入機能)でやりたいことと似ている」と書きましたが、それを実現しつつある、ということです。

Windows Live Writer のリンク挿入機能と比較すると、

  • 以前の記事/ページを参照できるところ
  • リンク集的な機能

ではほぼ一致していますが、最近挿入したリンクの参照や、Markdown・Textile による挿入はできないので、わずかに上回ったか。それ以外の僕が知っているブログエディタは、ほぼすべて「aタグの挿入支援機能」にとどまっているので、恐らく、最強クラスの機能になるのではないかと思います(密かに)。

7 thoughts on “Kaku 進捗

  1. わざわざありがとうございます。

    バージョン 1.2.7 もちゃんとした形(…といっても記事にするだけですが)で公開しようと思っていたのですが、気付いたらこんな時期に…(汗) むしろ 1.3 の完成を急ぎたいと思います。

  2. 遅くなりましたが、検証して問題ないようです。

    ちなみに ecto 3 でもこの問題はもう直ってます。

  3. 修正を始める前に、Kaku だけの問題であることを確認するために、ecto 3 で実験したのですが、ecto 3 でも、同じような問題があったんですね :mrgreen:

    今回は、XML 文書のデータのひとつとして HTML 文書を入れるとき、どうするべきか(RSS のように CDATA セクションを使うべきか、使わないべきか)を調べたり、前述の「空白文字を無視する設定」をオフにするとパーサが、スペースやタブも「空の XML ノード」として認識してしまうようなので、空のノードが来ないことを前提に書かれているパーサのコードを修正したりと、(僕にとっては)ちょっと勉強になりました。

  4. 早速対応をありがとうございます。後で試してみます。

    ecto 3 でも同じ問題が起こっていたのですが、原因ももしかして同じでしょうかねぇ。

  5. ちょっと気が付いたんですが、過去記事を取得したときに、タグが改行を挟んで連続していた場合に改行が消えてしまいます。

    こういうのが、

     <div>
     <p>SAMPLE</p>
     <div>
    

    こうなってしまいます。

     <div><p>SAMPLE</p><div>
    

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *