iPhone SDK リリース

さあ、行きましょう。

以下、今のところの僕の理解なので、間違っているかもしれませんが:

エミュレータを用いた開発(このままでは一般公開できない)

無料。iPhone Dev Center から SDK をダウンロードすれば、今日から可能。ちなみに Intel Mac 専用。

上記 + 実機によるリモートデバッグ + “App Store” での公開のための認証 + 開発サポート
iPhone Developer Program を購入する必要がある。スタンダード:$99、エンタープライズ:$299。今のところ米国国内のみ。他国へは今後数ヶ月で導入。

詳細は、各種ニュースサイト(Engadget Japanese の記事)や、すでに公開されている、iPhone SDK イベントの 映像 をどうぞ。

映像、見たのですが、ネイティブアプリにこんなに気合いを入れてたんだ! という印象。

いくつかのメーカーに(先に SDK を渡して)二週間で作ってもらったアプリのプレゼンテーションをさせていました(中には Objective-C が初めて、という開発者も)。どれだけスピーディーに、便利で面白いものを開発できるかをアピールしたいのでしょう。

以前、Mac アプリ開発者がそのアドバンテージを生かすことで、iPhone アプリ市場を活性化させる というような意見を ご紹介 しましたが、この分だと、Mac アプリ開発者もおちおちしていられないのかもしれません。

2 thoughts on “iPhone SDK リリース

  1. Pingback: ppmweb » Blog Archive » Make the world a better place

  2. Pingback: ppmweb » Blog Archive » More on the iPhone SDK

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *