Xcode 4 用 Code Snippet

先日 Github で Xcode 3 のテキストマクロを Xcode 4 用の Code Snippet 形式に変換するアプリ「TextMacro2Snippet」のソースを 公開 しました。

ただ、Xcode 3 のテキストマクロは、私が使い始めた当時は情報が少なかった(単に見つけられていないだけかも)こともあり、広く一般に利用されているという印象はありません。

そこで、Xcode 4 ですぐに使える変換済みの Code Snippet をあわせて公開しました。内容は、私が Xcode 3 で使っていたものを TextMacro2Snippet で変換したものです。よろしければお試しください:

使い方

使い方は、snippets フォルダの中身を ~/Library/Developer/Xcode/UserData/CodeSnippets/ 以下にコピーし、Xcode 4 がすでに起動していれば、再起動します。

Xcode 4 を起動したら、cmd + opt + ctrl + 2 で表示できる Code Snippet ペインから、ソース内にドラッグ&ドロップするか、

Code Snippet に定義されたオートコンプリート用の接頭辞(Completion Prefix)を入力することで、利用することができます。

おすすめ Snippet

最後に、いくつかの Snippet と対応する Completion Prefix を紹介しておきます:

  • lmNSLog(@"%s", __PRETTY_FUNCTION__); メソッド名をログ出力
  • loNSLog(@"%@", <#!object!#>); オブジェクトをログ出力
  • lfNSLog(@"%f", <#!float!#>); float をログ出力
  • lpNSLog(@"%@", NSStringFromCGPoint(<#!cgpoint!#>)); CGPoint をログ出力
  • lrNSLog(@"%@", NSStringFromCGRect(<#!cgrect!#>)); CGRect をログ出力
  • pio ― NSObject サブクラスの init メソッド定義
  • pd ― dealloc 定義
  • pa ― UIAlertView または UIActionSheet の表示コード

では!

2 thoughts on “Xcode 4 用 Code Snippet

  1. すごく便利ですね。 ifなど基本的なもの以外、自分で定義できるのは分かりませんでした。 大変助かります!有難うございます!

  2. Pingback: Mac, iPhone, iPad » いまさらながらXcode4導入 2011/06/29

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *