Evernote for iPhone で、Notebook を(ちょっと)見やすくするコツ

ここに書こうと思いつつ、いまだに書けていないのですが、iPhone を購入する前、「スクリーンショットと、AppStore・ウェブサイトの説明のみで 、1日1本 iPhone アプリをレビューする」という(無謀な)活動をしていました。

そのとき高評価(及第点?)をつけたアプリの中には、実際に使ってみて、「思った通りよくできてるな」と感じるものもあれば、「もうちょっとよくできてると思ったのにな」と感じたものもあったのですが、その1つが Evernote for iPhone でした。

僕の Evernote の(今のところの)使い方としては、目的ごとに Notebook を用意して、ひたすら書き込む、というもの(だから、Web クリップ機能とか、タグ機能とかは、あまり活用していません…汗)なのですが、Evernote for iPhone では、すべての Notes が一緒に表示されるのが基本で、Notebook 別に Notes を見るには、

  1. 検索条件設定画面を出して、
  2. Notebook の選択画面を出して、
  3. Notebook を選択して、
  4. 検索条件設定画面に戻って、
  5. Notes 一覧に戻る

と、5タップ必要になります。

そこで、「検索条件保存機能」という便利な機能があるので、これを使おう、という話になるのですが、検索キーワードが空になっていると、ボタンがグレーアウトして、保存させてくれません。

そこでここに、ダミーのキーワードを設定します。「そんなもんあるのか?」という話ですが、どうやら、半角記号 は、ダミーのキーワードとして使えるものが多いようです。

なぜダミーのキーワードとして使えるかというと、普通、どの Note にもヒットしないキーワードで検索したら、検索結果が空になる、というイメージがありますが、Evernote for iPhone はその場合、(バグなのか仕様なのか)キーワードによる絞り込みを諦めてしまう(すべての Note が表示される)からです。

ちなみに僕は (バックスラッシュ)を使っています。

この方法を使うと、

  • 検索フィールドをクリアする
  • 検索フィールドのブックマークボタン(保存された検索条件の表示ボタン)を押す
  • 呼び出したい検索条件(Notebook)を選ぶ(てか、まだ検索条件は削除できないのね…)

と、(僅かな違いですが)3タップで Notebook にアクセスすることができます。

One thought on “Evernote for iPhone で、Notebook を(ちょっと)見やすくするコツ

  1. Pingback: Evernote for iPhone hack 再び at ppmweb

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *