Windows Live Editor × WordPress 2.2 続報

先日、リンクしていただいていた せれ さんの サイト で、Windows Live Editor に関する 記事 をぼーっ、と眺めていたら……

カテゴリー追加機能、WordPress 及び TypePad でのページ編集機能 とあります。

皆さんはご存知でしたか? 僕はあれだけ長々と ベタ褒め したにも関わらず、まったく気付いていませんでした。XML-RPC によるカテゴリーの設定や WordPress ページの更新は、前述の記事で書いたスラッグへの対応と同じく、WordPress 2.2 から 採用 されたもので、よく考えれば、スラッグの変更に対応しているなら、これらの機能に対応しているのも当然のことでした。

これはもう、Window Live Editor 1本あれば、WordPress の管理画面をほとんど見ずに、さくさくコンテンツを追加できる 、ということであり、WordPress をお使いの Windows ユーザー には、改めてお勧めせざるを得ません。

念のため、実際にこれらの機能を確認してみると…

Continue reading

Safari for Windows = Cocoa for Windows ではない

先日公開された Safari for Windows や、Takaaki さんのサイトで 紹介 されていた、WebKit の Web Inspector(「ページの読み込み時間が詳しく分かるんだ、面白いなあ」と「よく見たら XP!」で2度驚いた)などを見るにつけ、Apple ではすでに、やろうと思えばすぐ Cocoa アプリケーションを Windows 上で動かせる体制になっているのではないか? と僕も思っていたのですが、どうやらそうではないようです。

TUAW の記事 によると、Safari for Windows は、Microsoft Visual Studio 上で C++ や C を使って書かれている、とのこと。あまりに MacOS X での表示と比較して違和感がないため疑ってしまいますが、要は 普通にがんばって移植した、ということのようです。

Cocotron の人の立場がないじゃないか、と思っていたので、よかった。

WWDC 2007 基調講演を観て(3)〜 Safari for Windows 編 〜

(1) では「Safari 3 パブリックベータ(全般)について書く」と書いていましたが、Mac 版に関しては、WebKit アップデートの恩恵に シイラKaku であずかっている以外は、ほとんど触れていない(おい)ので、今回はやはり Safari for Windows にフォーカスしたいと思います(前述の記事のコメント欄に、すでに結構書きましたが)。

Continue reading