自作ソフトやウェブサービスで使える、ロイヤリティフリーのツールバーアイコン 45 個セット

ウェブデザインやグラフィックデザインを手がける、米 Kombine 社の ウェブサイト で、自作ソフトやウェブサービスで使える、ロイヤリティフリーのツールバーアイコン 45 個セットが 公開 されています。クオリティーもかなり高いものです。

これは、インディペンデントなソフト/サービスメーカーの方には朗報だと思います。

ツールバーアイコン(やアプリケーションアイコン)って、素人が自作するとアレな感じになってしまいますが(うちのソフトがいい例? 笑)、かといってデザイン会社に頼むほどのものではもちろんないし…。これは、数は非常に限られていますが、ソフトのクオリティーを底上げするいい手助けになります。

さらに、これは、もうちょっとシリアスにソフトを作ってらっしゃる、(…でも、ツールバーアイコンを自作するのはちょっと負担になる、という)小規模なシェアウェア作者さんなどにお勧めなのですが、$59.95 で、フリー版のものも含めて 244 個のアイコンを収録した「Complete Set」を購入することができます。これだけ揃っていれば、たいていのソフトのツールバーアイコンはまかなえるのではないでしょうか。

次の記事では、さっそく「使用例」を出してみたいと思います。

ちなみに、このアイコンセットのライセンスは(簡単なものながら)独自のものとなっているため、以下に、簡単に訳して置いておきます。もちろん、実際にアイコンセットを使われる場合は、 ご自分の責任で、ライセンス条項の原文をお読みになって 、お使いください。

Continue reading

MarsEdit が Red Sweater Software に買収される

「Mac 用のブログクライアントソフトの代表」といえば、「 ecto 」と「MarsEdit」が挙げられると思いますが、ecto の作者さんは本業が忙しくなり、MarsEdit の作者さんは、もう一つの作品である RSS リーダー「 NetNewsWire 」の開発に時間を取られ、それぞれ最近は大きなアップデートが行われない、という、Mac ユーザーとしては寂しい状況が続いてきました。

しかし先日(結構前ですが 汗)、 MarsEdit が Red Sweater Software に買収された 、ということで、この状況が少し変わってきそうな予感です。

ecto と比べたときの MarsEdit のよさは、Mac ソフトらしい(ecto はちょっとクセあり)・シンプルで分かりやすいインターフェース・安定している、といった点が挙げられると思いますが、一方で、画像投稿機能や、iTunes や Amazon との連携など、単純なブログクライアントの領域を超えた、プラスアルファの面ではまだ劣っている感があります。

しかし今回、開発者さんが一人しっかり付くことで、その面も含め、改善のスピードがかなり上がりそうです。

MarsEdit の今後がどうなるのかもっと詳しく知りたい方は、原作者 Brent Simmons 氏と新しい開発者 Daniel Jalkut 氏による Q&A セッション をぜひ。以下はそれを読んだ感想をちょっとだけ。

Continue reading

WordPress 2.1.1 と ecto

!<http://ppmweb.lolipop.jp/image/wp211_ecto.jpg! ppmweb では、謎に「 “ME”:http://wordpress.xwd.jp/ 」ではなく “ノーマル”:http://wordpress.org/ の WordPress を採用しているので、関係のない方もいらっしゃるかもしれませんが、最新のバージョン 2.1.1 が “出ていた”:http://wordpress.org/development/2007/02/new-releases/ ので、さっそくインストールしてみました。

バージョン 2.1 では、 XML-RPC の実装に “問題”:http://trac.wordpress.org/ticket/3662 があり、 “ecto”:http://ecto.kung-foo.tv/index.php で過去記事を取得することができない状態になっていたので、(自分でもすぐ修正できる問題なのに、なぜか)ecto を放置していたのですが、2.1.1 ではこれが修正され、さきほど試してみたところ、ecto がサクサク過去記事をダウンロードしはじめました。

これでようやくまた ecto を使うことができそうです。…というか、WordPress にして初めて(!) ecto を使うことができそうです。