【サイトについてのお知らせ】サイトの不具合について

昨日、自分のサイトをよく見てみたら、様々な不具合が発生していました(汗) 万が一、遭遇された方がいらっしゃいましたら、ご迷惑をおかけしました。申し訳ないです。

アプリ紹介ページに何も表示されない

ページをもっとモジュール化しようと思っていじっているのですが、テスト中のページを公開中のページに上書きしてしまいました。修正しました。

アプリ紹介ページの「概要」などのリンクがおかしい

これらのリンクは、同じページ内へのリンクにするはずだったのですが、以前ページデザインをいじったときに、ページの「部品」になっている、個別記事へのリンクになっていました。で、修正したつもりだったのですが、こんどはリンクの URL が間違っていて、リンクをクリックしても反応しない状態になっていましたので、修正しました。

Kaku がダウンロードできない

まずダウンロードしようとされる方がいらっしゃるかがあやしい(!)ですが、FTP ソフトで覗くと、ダウンロードフォルダに Kaku のファイルが入っていませんでした(もしやもともと?)。で、それならアップロードし直せばよいのですが、それもできない状態なので、いったん Kaku の公開を停止します。

上記の問題と関連して、今はページ上からはアクセスできない状態になっているのですが、l2i の「概要」のページに knb さんからコメントを頂いていました(もし必要であれば、URL から「#」を消せば個別記事にアクセスしていただけます)。そして、その内容は、「l2i が起動できない」というものでした。私はそれに、「Panther 以前では動かないかもしれない…」とお答えしたのですが、それ以降、「できれば Panther ぐらいの互換性は確保したい」と思い、こちらでも少し作業をしてみました(あ、ただ、knb さんが l2i を起動できなかった原因が OS バージョンだったのかは分かっていません。もし他にも、l2i を試してみたくて、でもなぜか動かない、という方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください):

まず、最近使用マシンを替えたのですが、必要なデータの移行は済んでいた(と思っていた)ので、旧マシンに Panther をクリーンインストールして試してみたところ、やはり l2i は動作しませんでした。そのとき「Panther 対応にするには、Panther に対応した Xcode でビルドし直せばよいのではないか」と(いうわけの分からないことを)思っていたので、古い Xcode をダウンロードできるところを探したのですが、当然見つからず、断念。もういちどよく調べてみると、最新の Xcode でも、ビルド設定を見直せば Panther への対応ができるということが分かり、それも挑戦してみたのですが、やはり(それと知らずに)徹頭徹尾 Tiger 向けに開発していたようで、そのままのソースコードではエラーが出てビルドできなかったり、なんとかビルドできても、やはり起動できなかったりという状態になりました。やはり一番簡単な方法は、はじめから Panther を視野にいれて開発することなんでしょうね。というわけで、Panther にも対応できるようにしたいのですが、なかなか(私では)時間がかかりそうなので、いつになるかは分かりません…申し訳ないです。とにかく、これから公開するアプリは、動作に必要な OS のバージョンを明記して公開していこうと思います。

さらに、その Panther をインストールした際に、Kaku のソースコードだけ置き忘れて、すっ飛ばしてしまいました(!)。それが上記の「それもできない状態」の意味です。どこかで作り直して公開し直したいと思います。

…と、いろいろ変なことになってしまっていましたが、ウェブサイトに関しては、まだいろいろ勉強中(+試してみたい?)ということもあるので、今後まだ1年ぐらいは、かなり未完成な状況が続くかもしれませんが、そのときはすみません…! そして今後ともよろしくお願いいたします。

ひどいアイコン・オブ・ザ・イヤー・2006

以前コメントを頂いた Takaaki さんのブログ、 Samurai Coder にて、「 The Worst Icon of the Year 2006 」が開催(?)されていました。

その栄えある受賞者は…これはひどい!! 高精細でリッチなアイコンが当たり前の現在においてはもちろんのこと、漢字Talk 時代のひどイコンたちとも十分に渡り合えそうなクオリティです。しかも「言語学の研究者や学生にとっては欠かせないアプリ」というのが泣かせます。

Takaaki さんもそこを意識なさってるのかもしれませんが、「ひどいアイコン≒ひどいアプリ」という場合も少なくはないと思うので、それなら使わなければよいのですが、やはりどうせ「ひどいアイコン」を選ぶなら、これのように「使わなきゃいけないのに」というところも大きな判断基準(何を真面目に)になると思います。

僕も、そんな「よく使うのについつい Spotlight 経由になってしまうアプリ」を探してみようと思います(でもこんなレベルのはなかなかないよなぁ…笑)。あと自分のアプリたちにも最低限のアイコンは、付けようと思います。能力に限界がありますけどね…(涙)

Dashcode Beta

Dashcode Beta をダウンロードしてみました。

かなり使いやすそうな雰囲気ですね。私も作ってみようかな、という気にさせられます。また、インスペクタのデザインなどを見ると、新しい Interface Builder や Xcode 3 がどんな感じなのか少し分かる気がします。

それにしても、あるジャンルのウィジェットって、人気のものが1、2個出てしまうと、なぜかその後は競合作が出てこない、という状態になってないですか? 私はもっともっと進化したものが出てきてほしい!…と思っているのですが。例えば、

  • テレビ番組表ウィジェット:地方なので、地上波やら、ケーブルテレビやら、見られるチャンネルが入り乱れており、また、アパートとかだとそれによっても見られるチャンネルが変わってくるので、表示するチャンネルを選べる機能だけはとりあえずつけて欲しい
  • To Do ウィジェット:これはそもそも数が少ないです。みんなあんまり必要としてないのでしょうか。国内産のものはなかったんじゃないでしょうか(あったらすみません)。海外産のものはありますが、デザインがアレなやつが多い印象です。
  • あと、お天気ウィジェットも、もっといろいろあってもいいかと。

というわけで、機会があれば、このあたり作ってみたいと思います。あ、でも、できれば誰か作ってください…。